牛木匡憲 Solo exhibition" VISITORS"

【期間】:2017.7.17(月・祝) ~ 7.30(日) 

【営業時間】:11:00 〜19:00  ( ※ 7月22日土曜に限り17:00まで )

【会場】: Impact HUB Tokyo 東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階 (目黒駅から徒歩10分)

【主催】:Impact HUB Tokyo ( 運営 : 株式会社Hub Tokyo )

【イベント】: 牛木匡憲 × 高橋キンタロー × 水野健一郎 × 師岡とおる トークショー

2017年7月22日(土) 17:00〜20:00

先着順50名 詳細ページにて参加してください。

イベント詳細ページ : https://www.facebook.com/events/1905474359697148/?__mref=mb

1981年生まれ。武蔵野美術大学卒業、文具メーカー、ウェブ制作会社、ゲームグラフィッカーを経て現在アー ティストとしてイラストや展覧会などを通して国内外で活躍中。NHK Eテレ『シャキーン!』や伊勢丹新宿店ク リスマスキャンペーン、TOYOTAカローラ50周年ムービー出演、サーマソニックでのライブペインティングなど。 イラストレーション、広告、イベント、映像、SNSなど様々なジャンルでその存在感を発揮している。 http://www.ushikima.com/

彼の現在の作風は大きく2つ『HEROS』と『VISITORS』のシリーズにわかれます。 2007年ごろから発表し続けている『HEROS』は日本的集合萌えやヒーロー、怪人、偶然をテーマにしたもので、 主に2015年から水野健一郎らと共に開催している『アウターサイド』で毎年発表している。 日本はもちろんロンドン、ベルリン、パリ、ローマ、プラハ、ポートランド、ケープタウン、ソウルなどでも展 覧会やアートイベントに参加し、世界的にファンを獲得しています。 2016年のはじめにインスタグラムで描き始めた一連のイラストレーション『VISITORS』。 それはシンプルなサービス精神に基づいています。笑いや驚きや感動をフォロワーにプレゼントしたい! 牛木は、彼のインスタグラムのフォロワーがそれを見たときにどのように感じるかを想像し、キャラクター= VISITORSとしてタイムラインを訪問させることを思いつきました。VISITORSは彼自身のファンタジー(少年時代 の思い出、漫画、スーパーヒーローなど)に触発されて、思いつくままに30分以内で描かれます。まず紙と鉛筆 でラフスケッチ、そのテンションをコンピューターですぐさまデジタル化。毎日1年間休むことなく、架空の 形、素敵な女の子、SF、本当にどこかに存在するかもしれない曖昧な存在をタイムラインに生み出し続けたので す。

フランスのメディアemporium-sに牛木のインスタグラムの活動がとりあげられています。 http://emporium-s.com/a-suivre-ushiki-masanori-ushikima/

New Yorkのアニメ&コミックを紹介するメディア『CARTOON BREW』にも掲載されました。 http://www.cartoonbrew.com/artist-of-the-day/masanori-ushiki-143627.html

2017年6月には、イラストレーションギャラリーLE MONDEでのグループ展 " BLINDERS "に参加、彼のInstagram をフォローする若い世代が集まり、LE MONDE出版初の画集となった牛木の作品集「VISITORS」は一週間の会期中 に200部すべてが完売。さっそく増刷されGSIXの銀座 蔦屋書店、BEAMSでも販売が開始されました。 14年ぶりとなる今回の個展では『HEROS』の日本的集合萌えの要素と『VISITORS』のユーモアをもったキャラク ターたちをさらに発展させ80年生まれ以降の世代が捉える、未来の若者、未来の渋谷人、新時代のセクシャリ ティをテーマに発表いたします。

これまで国内外数多くの企画展グループ展には参加しているものの個展は14年ぶりとなります。

Impact HUBはニューヨーク、ロンドンをはじめ世界約80箇所に存在するコワーキングスペースであり、 東京の拠点である目黒ではこれまで様々なイベントを開催してきています。 印刷工場跡地をリノベーションしてつくられた会場では広いラウンジを活かし、大型の絵画作品も展示、 彼がinstagramを通じて世界の人と偶発的につながったイメージをダイナミックに会場に表現いたします。 Impact HUB Tokyoはこの展覧会をきっかけにアートやデザインでコミュニティと繋がりたい人たちのためのプロ グラムの運営を開始します。

インターネットがつくった新しいつながりや革新によりキャラクターとコンテクストが偶発的に広がり、つなが

りを生んでいくストーリーをミレニアル世代を代表するアーテイスト牛木匡憲の展覧会でぜひ感じてください。

↑この鉄の扉を開けて入ってください。

【牛木 匡憲 ( Ushiki Masanori )略歴・プロフィール】

デザイナー・アーティスト

1981年 新潟県生まれ。東京都目黒区在住。

2004年 武蔵野美術大学 造形学部(基デ) 卒業。 文具メーカー、web制作会社を経て現在フリーランスのデザイナー兼アーティスト。TV、WEB、ゲー ムのグラフィック、雑誌のイラストレーション、アパレル、グッズデザインなど幅広く活躍中。 2014年よりNHK Eテレ「シャキーン!」「バリバラ」にてイラストを担当。 2015年伊勢丹新宿本店クリスマスキャラクターを担当。

2016年TOYOTA asia Corolla 50th Anniversary CMに出演、ライブペインティングを披露。 

Photography by Yutaro Tagawa

■本件に対するお問い合わせ先  ushiki.masanori@gmail.com

Impact HUB Tokyo

東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階

東京サイト http://hubtokyo.com/

グローバルサイト http://www.impacthub.net/